黙想するとは

ここでは聖書を読み、聖書テキストに心を編んで思いめぐらすことを黙想と呼びます。

聖書は読まなければ解りません。しかし、ただ読めば分かると言うものでもありません。読みつつ聖書の真の著者からの語りかけに出会って、分かったと言うことになりましょう。

神さまからの語りかけを待ちつつ聖書テキストに向かい、思い巡らせることが黙想です。

右記もお読みください。→釈義と解釈、そして黙想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ