釈義と解釈、そして黙想

少し専門的な話にもなるかも知れません。おゆるしください。 聖書を読んで理解しようとするときに、そのための作業行程がが考えられるわけですが、それが釈義と解釈です。 釈義とは語句や文章の意味を解き明かすことです。ごく普通に、...

黙想するとは

ここでは聖書を読み、聖書テキストに心を編んで思いめぐらすことを黙想と呼びます。 聖書は読まなければ解りません。しかし、ただ読めば分かると言うものでもありません。読みつつ聖書の真の著者からの語りかけに出会って、分かったと言...

共同聖書黙想の楽しさ

聖書を囲む会話としての聖書黙想を共同聖書黙想と呼びたいと思います。 聖書黙想を他の人たちと一緒に行います。先日ある集いでおこないました。その短い短いレポートをご覧ください。→聖書黙想の楽しさ →兄弟を得る また、イメージ...

聖書黙想とは

バイブルリーディングとメディテーションのことです。 聖書を読み、注意深く聖書の言葉と文章に注意を払い繰り返して読みます。そして、そこから心の中に広がる想いや連想を楽しみ、その広がりに身を委ねます。 聖書テキストへと向かい...

ツールバーへスキップ